看護部長メッセージMESSAGE

副院長・看護部長山口 弘子

信じることで、強くなれる。
信じることで、助けあえる。

24時間365日、患者様を断らない。

私たちの現場では、医師も、看護師も、コメディカルもそれぞれのチカラを最大限に発揮し、チームの一員として信頼しあうことが求められます。 では、看護師に必要なチカラとは何でしょうか。 専門知識、技術を結合して看護するチカラ、マナー、優しさなど人間的なチカラ、そして「信じるチカラ」ではないかと思います。

「先輩たちの支え」「ともに歩む同期たち」「患者様の命」を信じるチカラ。
そして最後に「あなた自身」のチカラを信じてください。

医療に興味をもったこと、ここまでがんばってきたこと、あなたはもう看護のチカラをもっています。
自分を信じて、前に進み続けていきましょう。

先輩たちの支えるチカラを信じる。

先輩たちの
支えるチカラを信じる。

先輩たちの支えるチカラを信じてください。一人前になるまでには、だれでも時間がかかります。私たちも一緒に悩み、考え、そっと背中を押し、ときには医師やコメディカルとも力を合わせて、あなたを自律した看護師へと育てていきます。

ともに歩む同期のチカラを信じる。

ともに歩む
同期のチカラを信じる。

ともに歩む同期のチカラを信じてください。おたがいに手を取りあい、目の前の山を一緒に登り、疲れたときは声をかけあう、かけがえのない仲間です。

患者様の命のチカラを信じる。

患者様の
命のチカラを信じる。

患者様の命のチカラを信じることも大切です。
希望をもって看護をすることが、患者様を力づけ、治療にプラスに働いていきます。