将来プライマリ・ケアの出来る臨床医、あるいは専門医を目指すために
必要な基本的な知識、技能、態度の修得を目的として1年間の研修を行ないます。

先輩研修医

歯科研修医 / 飯田晃久先生

名古屋掖済会病院を選んだ理由

名古屋掖済会病院の絶対に救急車を断らない病院の理念に感銘を受けました。自分が診察するどんな患者様も自分で治療ができるようになりたいという思いから名古屋掖済会病院での研修を希望しました。また研修期間中に口腔外科だけでなく、一般歯科、麻酔科での研修プログラムが組み込まれているため充実した研修ができると確信し、また二年間の研修期間に広い視野を持って将来の自分の歯科医師としてのキャリアを考えることができるのも選んだ大きな理由です。

患者様・一緒に働くスタッフからも信頼され
地域社会に貢献できる歯科医師になりたい。

名古屋掖済会病院の研修の魅力

名古屋掖済会病院は三次救急病院として外傷で搬送される患者様が多い病院です。救急外来を受診された口腔外科領域の患者様の対応は研修医がファーストコールで呼んでいただけるため、自分で考え診査、診断、治療を積極的に行えるところが魅力です。また、他の口腔外科の研修施設との大きな違いは外来患者様の歯科治療も行っており、大学の歯周病科や補綴科の准教授の方に、週に1度ずつ来ていただいているため一般歯科治療の分野に関しても各々の専門医に相談がすることができます。

歯科臨床研修プログラム

PDFを開くとプログラム内容の確認ができます。