「目の前の人を救うチカラ」を身に付けてほしい

名古屋掖済会病院の初期臨床研修は、救急をめざす人だけでなく、すべての人に「目の前の人を救うチカラ」を身に付けてもらうことを前提としています。一見、軽症に見える患者様でも、実は重症になる一歩手前であったり、複数の既往歴を持った患者様であったり、目の前で急変してしまうこともあります。たとえ希望科が救急科でなくても、いざというときに適切な初期診断・初期治療をほどこし、専門医へと引き継ぐ知識とスキルは必要です。当院で日々多くの救急患者様と向き合いながら、判断力と瞬発力を身に付けていきましょう。

副院長 救命救急センター長 / 北川 喜己先生

初期臨床研修の特長

名古屋掖済会病院の初期臨床研修の特長は、救急科を中心とした体制となっています。医局内も一人ひとりに机が用意されており、綺麗で研修に適した環境となっています。また、研修の数が多く教育体制も整っていますので、垣根のないバリアフリーな環境で充実した経験が得られるのも特長のひとつです。救急を通して高いプライマリケアを身に付けることができます。

  • 医局環境

  • カンファレンス

  • 透析室

救命救急センター

  • 研修風景

  • 手術室

  • 病理診断科

実践してこそ臨床研修。
助手席ではなく運転席へ

臨床研修を有意義に活用できるかどうかは、研修医の自主性にかかっています。ぜひ、受け身で過ごすのではなく、自分から先輩たちに「これを学びたい」「やってみたい」という想いを率直に伝えてください。本人のやる気さえあれば、いつでも実践経験を積んでもらう用意があります。もちろん指導医や上級医が責任をもって見守り、必要なときは即座に手を差し伸べられるように万全のサポート体制で臨みます。「若いうちから、いろいろ経験させてあげたい」という熱血指導の先輩たちが、みなさんを助手席から運転席へと導きます。