救急医が常駐する
北米型ER

当院の救急は東海地区第一号の救命救急センターとして認可を受け、重症度にかかわらず、あらゆる患者様を24時間365日受け入れています。ウォークインだからといって軽症だとは決めつけず、患者様の年齢、性別、主訴から、診察、検査を経て診断をつけ、必要であれば専門診療科のコンサルテーションを依頼します。限られた時間の中で的確な診断を下す救急医が当院には10名以上在籍し、常に研修医の指導にあたります。

自分の成長
実感できる2年間

研修医1年目のゴールデンウィークには救急医、先輩研修医とともに救急外来を担当します。医師になってたった1ヶ月で、途切れることなく来院する患者様を前に緊張しますが、先輩医師の力を借りながら、一人ひとりの患者様を診るごとに自分自身の成長を実感できるでしょう。当院の救急で研修を受けた医師は数百名を超え、全国で活躍しています。何科を選ぶにしても、ここでの経験が活きることは多くの先輩たちが実証してくれています。

東海地区で最初
救命救急センターとして認可

  • 救急車は年間約8,100台

    当院は「断らない救急」として、1日に20台〜30台の救急車を受け入れており、年間約8,100台になります。

  • 救急受診患者数は年間約38,000人

    患者様の数だけ、プライマリーから重症まであらゆる疾患を経験できます。

  • 救急専門医は6名在籍

    当院には、10名の救急医が在籍しており、そのうち6名が救急専門医です。救急を受け入れるための充実した救急診療体制になっています。