名古屋掖済会病院では安心で安全な医療を提供できる医師の育成を目的とする
2年間の初期臨床研修にひき続く後期臨床研修についてのご紹介をします。

先輩研修医声 01

外科 後期研修医 / 西野真史先生

名古屋掖済会病院を選んだ理由

名古屋掖済会病院で初期研修をさせてもらう中で、多くの優しく熱心な上級医・指導医からの指導を頂けたこと、またコメディカルを含め病院に関わる人の良さをとても感じたため、研修病院として働きやすいと素直に思いました。志望科である外科の若手の先生を見ていても、忙しそうではありますがどんどん成長されている姿が見られて、他の病院と特に迷うことはありませんでした。手術症例も専門医取得のためはもちろんそれ以上に充分な症例数があるのも理由の一つです。

外科は自分の手で治療したことで
患者様の健康寿命を延ばすことができる。

名古屋掖済会病院の研修の魅力

初期研修においては救急科の指導体制、症例数は魅力です。初期研修のうちに一通りのcommon diseaseと呼ばれる疾患や救急症例をしっかりと診療させてもらえ、指導していただけます。お陰様である程度の初期対応には困らなくなってきています。また縦横のつながりも魅力の一つです。診療科や学年を問わず、コミュニケーションをとりやすく相談のしやすい環境にあり、プライベート面でも先生方と仲良くさせていただいています。

先輩研修医声 02

救急科 後期研修医 / 蜂矢康二先生

名古屋掖済会病院を選んだ理由

もともとこの病院で初期研修を過ごし雰囲気が良く居心地がいいです。また救急科在籍医も多く指導熱心で、さまざまな疾患に対応する救急科の先生方を見て救急医になるならここしかないと思い選びました。

専門科にとらわれずなんでも診れる
医者になりたいと思い救急科を選びました。

名古屋掖済会病院の研修の魅力

各科とも若手中心で当院出身の先生も多いことから研修医の立場を理解していただいており、仕事だけでなくなんでも相談に乗ってもらえます。明るく優しい先生が多いのでどの科も雰囲気がよく垣根も低いので非常に仕事がしやすいのが魅力です。また、仕事の大きな割合を占める当直では、軽傷から重傷まで各科の疾患を経験することができます。医師としてあらゆる患者さんの初期対応ができることはどの科に進むにしても必要で当院での当直はそれを学ぶ絶好のチャンスです。

  • 専攻医の募集要項はこちらをごらんください。

後期臨床研修プログラム

PDFを開くとプログラム内容の確認ができます。